読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝活英会話。ゴー&ステップ

普段勉強していることや、感じたことを書きたいです

FRONTIERのパソコンは品質に多少目をつぶればコスパ抜群!

f:id:gostep:20150730212317j:plain

FRONTIERの公式サイトより引用)

 

5月初旬に、FRONTIERのPCを購入しました。

コストパフォーマンスが抜群だったので報告します。

 

FRONTIERとは

FRONTIER(フロンティア)はヤマダ電機の子会社であるインバースネット 株式会社が販売しているパソコンのブランドです。もともとはKOUZIROという会社のブランドで1993年からと比較的長い歴史があります。

BTOといって、自分で仕様を決めて注文できる形態のパソコンを主に販売しています。

 ヤマダ電機でも販売しているはずですが私はネットで注文して購入しました。

www.frontier-direct.jp

SSD+Blu-rayパソコンを注文

私が注文したのは、「FRNX522S/KDs NXシリーズ Core i5/SSD搭載モデル」になります。

kakaku.com

本モデルは、ハードディスクドライブの代わりに、SSDという記憶素子を搭載しています。そのためソフトの立ち上がりが早いなどの利点があります。

またCPUもCore i5が採用されていてなかなかパワーがあります。

なおFRONTIERで販売しているPCの多くは上記したようにBTOに対応しています。私の場合には上記モデルをカスタマイズして光学ドライブをブルーレイに変更しました。

 

コストパフォーマンスの高さ

私は上記モデル(ただし光学ドライブBlu-rayに変更)を88,712円(送料込み、下取りサービスで1000円割引あり)で購入しました。

なお基本モデルだと現在送料抜き、割引なしで82800円ほどになります。これはSSDCore i5を採用しているモデルでは格安といってもよいと思います。

たとえば、SSDの容量が128G以上で、CPUにCore i5を採用しているモデルを価格ドットコムで検索するともっとも安いモデルになっています。

次に安いのは、マウスコンピュータの9万円代のものです。

kakaku.com

マウスコンピュータも、FRONTIERと同じくBTOを主体とする日本のPCメーカーとなります。

マウスコンピュータに続いて、Lenovo(中国の大手PCメーカ)が約10万円、そしえて次にDELL(米国の大手PCメーカ)の11万円となっています。

もちろん、これらパソコンはいろいろ仕様が異なるので一概に比較はできません。ただし私にとって必要十分な機能をもったパソコンとしてはFRONTIERが最も安いという事実がありました。

 

特徴

良くも悪くもなくふつう、あるいは「多少品質が低いかも」という印象です。

これは値段が安い以上仕方ないですね。

 

筐体はプラスチックで高級感は特にないです。特に丈夫でもなければ、軽くもありません。そのためパソコンを外出先でたくさん使うかたにはおすすめできません。ただ、私のようにデスクにおきっぱなしにして使う用途では十分です。

キーボードはやや硬めで長文のタイプは多少疲れるかもしれません。ただ一日に30分ほどブログを書く程度であれば不便というほどではありません。

スピーカーの音量は低く音質も正直いまいちですが、外付けのスピーカを使えば問題ありません。

 

ということである程度目をつぶれば、十分普段使いできる程度です。

なお説明書はかなりあっさりしているので、初心者の方にはハードルが高いかもしれません。

レビュー

最後に価格ドットコムにアップしたレビューを転載しておきます。



【デザイン】デザインは良くも悪くもなくふつうです。私は実用性重視なので気にならないです。
【処理速度】SSDのおかげかソフトの立ち上がりなどもきびきびしている印象です。
【グラフィック性能】私はゲームをしないのでわからないです。そのため評価なしです。ただブルーレイを見るぶんにはコマ落ちとかはなく問題はありません。
【拡張性】USBが4つ使えます。そのうち2つはUSB3.0に対応しているようです。HDMIケーブルもつなげられます。特段悪くないと思います。詳細は以下参照。

--------------------
■右側面
マイク入力(ステレオミニジャック) x1、ヘッドホン出力(ステレオミニジャック) x1
USB2.0対応(4ピン)【黒色】x1、USB3.0対応(9ピン)【青色】x1
■左側面
USB3.0対応(9ピン)【青色】x1、HDMI出力(タイプA) x1、eSATA/USB3.0コンボポート x1
LAN(RJ45)x1、D-Sub出力(15ピン) x1、DC-in端子 x1
■正面 カードリーダースロット x1
---------------------

【使いやすさ】
キーボードは特段使いやすいという感じではないです。可もなく不可もなく。個人的にはスピーカーがもう少し音質がよいとうれしかったです。外付けのスピーカーやヘッドフォンを使えばよいのですが。
【携帯性】特段軽いわけではなく、あまり丈夫でもなさそうなので携帯する用途であればおすすめはしません。
【バッテリー】バッテリー駆動はしないので評価なしです。
【液晶】ブルーレイの映像もきれいに見れました。
【満足度】SSD搭載のPCでは価格コムでもかなり安いモデルですが、私の利用用途には十分でした。

 

Windows 10入門 (日経BPパソコンベストムック)
 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...