読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝活英会話。ゴー&ステップ

普段勉強していることや、感じたことを書きたいです

将棋JT杯。角換わり後手8一飛、6二金型からの開戦

生活

この前の週末に行われたJT杯の決勝戦、佐藤名人と豊島七段戦を見ていきます。

 

戦型は角換わり。後手が8一飛、6二金の形から開戦する形となりました。後手玉の位置が危なっかしい気がするのですが、この攻めは最近はやっているそうです。


f:id:gostep:20161024234242j:image

 

後手が主導権を握るのかと思いきや、△6五歩、▲同歩、△同桂の後に▲同銀ととって先手が手番を握りにいきます。△同銀ととられて、先手は銀桂交換の駒損ですが、どうなんでしょうか?

 

数手進んで以下の局面。


f:id:gostep:20161024233840j:image

 

ここで先手が▲6一角と打って形成を良くしたようです。▲5二角成から▲5三馬の含みがあるのがよいとのこと。

 

ただこの時点では、先手が銀と交換した桂馬をとられているので銀損しています。

と金はできたとはいえ、結構たいへんそうなきもします。

 仕掛けのところで先手が桂馬をとらなかったらどうなるか気になります。

 

これからの角換わり腰掛け銀 (マイナビ将棋BOOKS)

これからの角換わり腰掛け銀 (マイナビ将棋BOOKS)

 

 



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...