読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝活英会話。ゴー&ステップ

普段勉強していることや、感じたことを書きたいです

打ち合わせ回数が多い式場だと、心配症&無計画でも結婚式を挙げられる

生活 考え

今年、自分に起こったことで最も大きな出来事は結婚したことです。今日はその経験を生かして結婚式の準備について書きます。

 

結婚式を挙げるには式場を選ばないといけません。

予算や場所、望む式のスタイル、式場担当者との相性などからある程度会場を絞ることはできます。ただ、もし選ぶ決め手に欠けると思ったときには式を挙げるまえに式場とどれくらい打ち合わせを行えるか、どのような打ち合わせをするかを確認して、それを式場選定のための検討項目に入れることをお勧めします。

 

私が調べたところでは、価格を抑えるとの理由で打ち合わせ回数を一回に限定している式場もあれば、 四回以上も打ち合わせを重ねて準備させてくれるという会場もありました。

 

打ち合わせ回数が一回の会場はたしかに安くて良い式を挙げられるという評価を口コミサイトでえていました。式場側が無駄を省いた合理的な段取りを組んでいたのだと思います。なのでもし、あなたに 決断力や計画力、調整力があって式場との打ち合わせが一度で十分と思っていたり、シンプルな式を望んでいてあまり打ち合わせ事項がないならこのような式場は悪くない選択肢だと思います。

 

ただもし結婚式を挙げることに不安があれば、自分の経験から打ち合わせ回数や時間が多いところをお勧めします。以下の理由によります。

 

式場との打ち合わせをこなすだけで段階的に式の準備ができる

私が式を挙げた会場は、 4ヶ月前からひと月に一回のペースで打ち合わせを重ねてくれました。定期的に打ち合わせがあるので、 毎回の打ち合わせの準備をするだけで自然と計画的に式への準備ができました。そのようなことが不得手な自分にはありがたかったです。

 

一度に決断を迫られる事項が少ない

打ち合わせの回数が多いとその分、一度に決める項目が減るので準備も楽ですし、決断を迫られる精神的なプレッシャーが小さくてすみます。

なにぶん結婚式は始めてのこともおおく些細なことでも思い悩んでしまいます。一度にたくさんのことを決める必要がないというのは気持ちが楽になります。

こまめに式場に相談できるのも好ポイントです。

 

婚約者(配偶者)や関係者の意思確認や意見調整をするきっかけが増える

結婚式のあれこれを独断できめてしまう人はそういないでしょう。少なくとも結婚相手との合意を得て準備を進めなくてはなりませんし、実際にはもっと関係者がいることも多いはずです。

そして式に対する関係者の考えはそれぞれ異なっているのが当然なので、あなたはそれらを確認し、調整を図らなければなりません。

 

式場の打ち合わせはその良いきっかけになります。打ち合わせのたびに関係者の意見を確認し、話し合い、それぞれの項目ごとに合意を得ていくわけです。

無論、式場との打ち合わせがなくても 関係者間の意見交換や調整を行うことは可能です。

ただ、関係者間の合議の後、その結果を第三者の式場に伝えると、内々の決定事項が公的な合意事項のような色彩を帯びることになります。

要所要所でこのステップを踏むと、決定済みの事項が段々と増えていっていることが関係者にとって明らかになるので、意見集約がしやすくなります。

 

一度決めたことを考え直す機会が得られる

私が利用した式場では四回の打ち合わせのうち、三回目までで一旦すべての事項を決定し、四回目はその最終確認でした。つまりどの項目に関しても一度は変更の機会があります。

 一度決めたことを覆せるというのは、これまでの準備が無駄になる可能性もあると言うことです。なのでこの点は必ずしも両手をあげて歓迎できるわけではありません。

ただ、想定外のことが起こりうるのも結婚式なので、決定をやり直す機会があるというのは私にとって安心感となりました。

何か迷った時も、後で変更できるとわかっていれば決断を下すハードルがぐっと下がります。

悩み続けるよりも、仮でも何か決定した方が準備を進めやすくなることも多いです。

 

 

ゼクシィ決定版 イマドキ結婚の常識&マナー (ゼクシィBOOK)

ゼクシィ決定版 イマドキ結婚の常識&マナー (ゼクシィBOOK)

 

 わたしは結婚にあたりこの本を参考にしましたが、人によって結婚や結婚式の段取りやしきたりについての考えかたが全然違うので、基本を抑えたら柔軟に対応することが必要になります。

 

 

 結婚式の披露宴で写真をとるときに使えるフォトプロップスです。たくさんあると各卓に配るなどの使い方もできます。

将棋JT杯。角換わり後手8一飛、6二金型からの開戦

生活

この前の週末に行われたJT杯の決勝戦、佐藤名人と豊島七段戦を見ていきます。

 

戦型は角換わり。後手が8一飛、6二金の形から開戦する形となりました。後手玉の位置が危なっかしい気がするのですが、この攻めは最近はやっているそうです。


f:id:gostep:20161024234242j:image

 

後手が主導権を握るのかと思いきや、△6五歩、▲同歩、△同桂の後に▲同銀ととって先手が手番を握りにいきます。△同銀ととられて、先手は銀桂交換の駒損ですが、どうなんでしょうか?

 

数手進んで以下の局面。


f:id:gostep:20161024233840j:image

 

ここで先手が▲6一角と打って形成を良くしたようです。▲5二角成から▲5三馬の含みがあるのがよいとのこと。

 

ただこの時点では、先手が銀と交換した桂馬をとられているので銀損しています。

と金はできたとはいえ、結構たいへんそうなきもします。

 仕掛けのところで先手が桂馬をとらなかったらどうなるか気になります。

 

これからの角換わり腰掛け銀 (マイナビ将棋BOOKS)

これからの角換わり腰掛け銀 (マイナビ将棋BOOKS)

 

 



地味に凄い!は共感性羞恥持ちの視聴者にはハードル高め

地味に凄い!校閲ガールについて、1話目で高評価の感想を書きましたが2話目の途中で視聴をやめてしまいました。

 

 

校閲ガール

校閲ガール

 

 

 

決して悪いドラマではないのです。ただ地味に凄い!は出版社の校閲部で働く新入社員が主人公なので失敗のシーンが多いんですね。そのシーンを見ていて凄くいたたまれなくなってしまったのが要因です。

 

 

ドラマの筋書きは1話2話ともに、調子にのった主人公が大失敗→主人公落ち込む→予想外に事態が好転して円満解決という流れです。

 

これ自体は王道の展開なので本来問題ないはずなのですが、自分は、主人公がミスするたびに自分が失敗したような気持ちになるんです。

 

たとえば二話では、(1)主人公が編集部の職分に越権して口出しをしたあげく、(2)自身の校閲の仕事で大失敗してしまい、(3)書店フェアの進行に割り込んで勝手に大勢のお客さんに謝罪する、という3つのシーンで、かなり心が痛くなりました。

 

どれも自分ではやっちゃいけないと思ってしまうものですし、仮に同じことやっちゃったら平静ではいられないですからね。

 

前に怒り新党という番組で解説していましたが、こういう心理を共感性羞恥というそうです。

 

他人の失敗を自分の失敗のように受け止めてしまうとのも、その症状の一つだとか。

 

私はそこまで共感性羞恥が高くないと思っていたのですが、お仕事ドラマだと自分の生活に近いので共感力がアップしてしまうのかも。

 

評価も高いドラマだったので残念ですが、苦しい思いをして見るのも仕方ないので、視聴は取りやめます。

 

 

 今シーズンは、逃げるは恥だが役にたつというドラマの方が自分にはあっているかも。

オフィスで業務前に行った方が良い準備5つ

生活 考え

仕事で朝から良い準備をしてスタートが切れると、1日の業務効率が良いことがおおいです。

これまでの経験上、業務開始前にやって好ましい結果が出た事項を上げてみます。

 

(1)スマホを遠くの棚にしまう

仕事中、スマホが手に届く範囲にあるとついつい気が散ってしまうので、手が届かない場所にしまいます。

 

(2)ノートを広げる

私はモレスキンという小さな手帳タイプのノートをつかっています。仕事中思いついたことを書き留めたり、考えをまとめたり、備忘録にしたり、簡単な絵をかいたり、使い方は適当です。

 

 モレスキンはハードカバーなので、破けたり折れたりしにくいのがよいです。

 

(3)パソコンのテキストブラウザを立ち上げる

Windowsのパソコンに標準で入っているメモ帳ソフトをつかっています。(2)の紙のノートと同じで思いついたことをどんどんメモしています。(2)と(3)の使い分けは厳密ではありません。ただ後日見返す可能性があるものは(3)パソコンのメモ帳を利用しています。文字列を検索すれば過去のメモも見つけやすいので便利です。

 

(4)その日やることを書き留める

そのになにやるかを書き留めておくと、目標ができて仕事のペースがたもちやすいです。

私はパソコンのスケジューラか(3)のメモ帳にその日のtodoリストを書いています。

 

(5)電話応対の準備

電話はいつかかってくるかわからないので、その準備をしておきます。

席を離れていたり、お休みしている人の電話を受けることも多いので、同じフロアのひとの名簿をパソコンで常に表示しておきます。また他の人の電話を受けた時は、その人の机にその旨メモを残して置くようにしています。

それ用のメモ用紙も用意します。このときのメモ用紙は一枚ずつ切り離せるタイプです。

 

 

 

 

 

丸山九段が挑戦する竜王戦の第1局は角換わり。渡辺竜王の△4ニ角が序盤の注目どころか

生活

竜王戦が始まりましたね。ここ数日、将棋界は、将棋ソフトの不正使用疑惑(※)で揺れているわけですが、正直全容がよく分からない話なわけで、まずはふつうにタイトル戦を観戦することにしました。

 

(※)竜王戦というビックタイトルの挑戦者が、スマホの将棋ソフトを使うズルをしている嫌疑をかけられた結果、いろいろあって挑戦者が差し替えになりました。

 

今回、渡辺竜王に挑戦する丸山九段は角換わり(※)のスペシャリスト。ということで竜王戦第1局の戦型も角換わりになりました。

 

(※)将棋の戦法の一つ。アマチュアよりプロで人気が高い気がします。

 

で、注目すべき局面が以下。

f:id:gostep:20161015130939j:plain

 

先手(先に指す丸山九段のこと)が桂馬を早めに跳んで攻めた状態です。

別の対局(試合)で渡辺竜王は同じ局面を経験していて、その時は△4四角という手を指して負けています。なので、本日、竜王は△4ニ角という新しい手を指しました。

当然、△4ニ角という手は以前から準備していた手(研究手)でしょう。敗戦した場合は、負けた原因を検討して次回のためにその対策を用意しておくというのは当然のことなので。

 

ただこの局面に至るまえに渡辺竜王は1時間以上の長考をしています。プロの対局にはこのようなことがしばしばあって、私のようなアマチュアには結構それが不思議なんですよね。事前に検討しているのだから、すぐに指せばいいのにって。

公式戦の場合、持ち時間が決められている(今回の場合には、一人8時間)ので、そのうちの1時間以上を序盤で使ってしまうのはもったいない気がしてしまいます。

 

事前の研究に穴がないか本番で改めて確認する作業をやっていると想像しているのですが、実際どうなんでしょう??

 

なお、現在はお昼休み中。お昼ごはんは精進料理で、観戦しているファンも同じものを食べているとか。どんな味なのかな。

 

 

マイコミ将棋BOOKS よくわかる角換わり

マイコミ将棋BOOKS よくわかる角換わり

 

 

アメトーーク!(立ちトーーク)感想。トイレの話にうなずくことしきり

生活 考え

私の大好きなアメトーーク!の感想を書きます。

 

13日(木)放送のお題は、「立ちトーーク」。芸人さんたちがフリーにトークする会でした。

[アメトーーク!]半年に一度の人気企画「立ちトーーク」 勝俣州和、ココリコ遠藤初参戦 | マイナビニュース

 

そのため、話題は多岐にわたったのですが、なぜか今回はトイレに関する話題が多かったですね^^おしっこが予想外の方向に出て、トイレを汚してしまう話とか(汗)。笑い話になっていましたが、おしっこが2方向に分かれて出てしまうなんて男性あるあるだと思います。

 

芸人さんもいろいろ対策が提案されていました。個人的にはロッチの中岡さんが話していた対策が興味深かったですが、ちょっと恥ずかしすぎてこのブログには書けません(笑)。

 

個人的には、座って用を足すのが一番簡単かなぁと思います。

 

 これからアメトーークは週2回放送!日曜日にもアメトーーク!が見られます。

 

 

ルック まめピカ 抗菌プラス トイレのふき取りクリーナー 210ml

ルック まめピカ 抗菌プラス トイレのふき取りクリーナー 210ml

 

 トイレットペーパにつけて、トイレを清掃できる洗剤です。私も使っていますが便利です。

訳あって安いコスパ良い製品を探すと買い物が楽しくなる話

 買い物は人柄や価値観が滲み出る行為です。

人に自慢できるように立派なものを買うのが好きな人もいれば、とにかく安い製品を探すのが好きな人もいるかと思います。

私の場合には、機能や品質は良いけれど訳あって安い製品を探すのが好きです。

コスパの良い製品を買えた、つまり賢い消費者になれたという満足感があるからと自己認識しています。

訳あり品の場合、使っているうちに少々不満な点が見つかったとしても、安く買えたからまあ良いかとあきらめることができる(あまり悔しくならない)のもグッドな点です。

 

以下、私が購入した訳あり品を紹介してみます。

 

再調整品のテレビ

私の家にあるのは東芝のテレビですが、再調整品なので安く購入することができました。再調整品とは、初期不良があってメーカーによって回収された製品が修理されて再度販売されたものです。

性能は変わらないですが新品よりも安く購入できました。保証もついてきます。

通常、店頭においてあることはなくて、メーカー公式サイトでこじんまりと売られていることがおおいです。メーカーによってはアウトレットのカテゴリーで販売しています。

 

 ただ昔はテレビが結構高かったので、再調整品を探すメリットもありましたがいまは以下のように新品でも安いものが沢山あるのでメリットは薄れているかもしれませんね。

 

 

展示品特価の扇風機

これは店頭で展示されていた製品が安く買えたパターン。厳密には新品とは言えないでしょうし、箱もついていなかったですが特段問題もなくつかえています。

 

必要ない性能は割り切ったパソコン

私が今メインで使っているパソコンはFRONTIERというブランドのものです。

日本の比較的小規模のメーカーであるインバースネットのものになります。知名度は東芝とかNECとかの大手に比べると低いですよね。その分、安くなっていると思います。

ここの製品は、BTOといってスペックを注文時にある程度、変更できる仕組みが取り入れられています。

当時わたしはBlu-rayを見られるパソコンがほしかったです。普通Blu-rayドライブがついたパソコンは、他のスペック(CPUなど)も高いことが多く全体的に値段も高くなりがちです。

しかし、FRONTIERでは他のスペックは抑えつつBlu-rayドライブを取り付けるという注文が可能なので全体的な値段を抑えることができました。

 その話については別の記事でも以前、紹介しています。

 

gostep.hatenablog.com

 

国内ではまだブランドが十分浸透していないグローバルメーカーのスマホ

 

私のスマホASUS(エイスース)のゼンフォン2というスマホになります。ASUSは台湾のメーカーです。

日本では、ソニーなどの国内メーカーに比べて知名度は低いですが世界中でスマホを販売しているグローバルな大手企業です。

国内メーカーのスマホは性能が高い一方でけっこう高価なもの(いわゆるハイエンドモデル)が中心です。その一方でASUSのような海外企業は、性能はそこそこで、価格は安めの製品を沢山つくっています。

いわゆるミドルレンジの製品ですね。この手のスマホコスパがよいです。国内メーカーのスマホの半額くらいで購入できますが、性能が半分になったりするわけではないので。

 

いまだと、中国のファーウエイなどのスマホあたりが注目です。

 

海外向けに生産された車

私は以前、スズキのスプラッシュという小型車に乗っていました。

新古車を中古で購入したのですが、スズキの似たような他の小型車(スイフト)と比べても割安でした。

 

これはスプラッシュってスズキの車の中でも、知名度が結構低いからだろうと思っています。皆が知っているスズキの代表的な小型車といえばスイフトですよね。CMでもスイフトのほうがスプラッシュよりもずっと多かったですしスズキ自身あまり重要視していなかったかと思います。

 

ただ、車の評価としてはスプラッシュも決して低くはなくて、自動車ジャーナリストが高い評価をつけている記事をいくつも読みました。また自分としては当時そこまで一般的でなかったサイドエアバッグが標準搭載されているなど安全性が高いことが気に入っていました。

では 何でこんな良い車が安いかというと、おそらくスプラッシュってもともとヨーロッパ向けに開発されたモデルであまり日本向けじゃなかったからなのかと思います。生産もハンガリーで、それを逆輸入したものが日本で売られていました。

なのでインテリアとか装備も日本好みではなく実用的一辺倒な感じ。私はその簡素で質実剛健なところが好きでしたが、あまり日本では受けず特に中古車で価格が押さえられていたのかなぁと予想しています。

 

 

  私はもっていませんが、アイリスオーヤマの家電なんかは必要な機能に絞り込んでコスパの高い製品が多そうと注目しています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...